育毛対策には毎日の食生活を見直すことも大事なポイント!

ランチプレート薄毛には、ワカメなどの海草類が髪に良いという話をよく耳にします。でも、海草類をたくさん食べたからといって育毛や発毛に効果があるわけではありません。

それよりも、育毛のためには日頃から栄養バランスの良い食事をとることが大切。
特に良質なタンパク質・亜鉛・ミネラル・ビタミンEが必要で、これらの栄養素は積極的に摂取しましょう。

育毛に効果的な栄養素とは?

良質なタンパク質

髪の成分の99%は、約18種類ものアミノ酸から作られているケラチンというタンパク質で出来ています。これが不足してしまうと髪の毛が痩せて細くなることがあります。

良質なタンパク質を多く含んでいる食べ物には、大豆製品・枝豆・白身魚・マグロ・鶏肉・卵・牛乳・チーズなどがあります。

亜鉛

新陳代謝を高める育毛には欠かせない栄養素です。髪をつくり出す毛母細胞の細胞分裂や再生を促進し、摩擦や刺激から髪を守るキューティクルをつくるためにも必要不可欠です。

納豆・ゴマ・アーモンド・ピーナッツ・高野豆腐・のり・イワシ・牛モモ肉・豚レバーなどに多く含まれています。ビタミンCやクエン酸と一緒に摂取すると相乗効果が期待できます。

ミネラル(鉄分)

髪の毛に栄養を運んでくれる鉄分。不足してしまうと髪がパサついてしまう要因に。
レバー・ホウレンソウ・ピーマン・牛肉・マグロ・干しえび・ひじきなどの食材に多く含まれています。鉄分の吸収を良くするビタミンCと一緒に摂取するようにしましょう。

ビタミンE

薄毛の原因となる過酸化脂質の生成を抑制し、頭皮の血行を促します。
アーモンド・ゴマ・アボガド・ピーマン・オリーブオイル・うなぎなどにビタミンEは含まれています。

育毛を妨げてしまう食材

アルコールを多量に摂取し過ぎると、アルコールを分解する肝臓機能が悪くなり、髪に良い成分が頭皮に行き渡らなくなってしまいます。ただし、アルコールには血行促進の効果があるので、適量であれば育毛をサポートしてくれることになります。

刺激のある辛い食べ物やインスタント食品、ファーストフードなどの脂肪や油分を多く含んだ食品を頻繁に摂っていると、皮脂が過剰分泌されて毛穴を詰まらせて発毛を妨げます。

バランスの良い食生活を心がけよう

タンパク質は髪の毛の生成する成分ですが、大量に摂取すれば良いというものではありません。特に動物性タンパク質を摂取しすぎると内臓脂肪がつきやすく、血管や血液の質を悪くする要因にもなるので注意しましょう。

育毛のためには、野菜を中心とした食事で、肉や魚、穀物などをバランス良く取り入れて食べるということが何よりも大切です。