育毛に効果的な正しいシャンプーの方法で薄毛対策!

シャンプーと泡頭皮の洗い方にも実はコツがあります。これは、育毛対策だけに限ったことではないので、ぜひ覚えておいておくことをおすすめします。

大事なことは、力を入れ過ぎないように優しく洗い上げること。
では、早速育毛に効果的なシャンプーの方法を見ていきましょう!今日から始めることが出来るので試してみてください♪

育毛に効果的なシャンプーの手順

①まずはブラッシング!

まずは目の粗いクシでブラッシングを行います。シャンプーの際に指通りが良くなり、シャンプーの泡立ちが良くなり汚れも落ちやすくなります。また、ブラッシングをすると適度な刺激を与えられて頭皮の血行促進し育毛を促します。

②ぬるま湯でよく洗う

乾いている髪に直接シャンプーをつける人はいないと思いますが、シャンプー前のそそぎ洗いを適当にしている人は多いようです。

指の腹を使って、頭皮を洗うようにしましょう。お湯の温度は38度前後のぬるま湯が適温です。熱すぎると頭皮への刺激が強くなって乾燥を引き起こしてしまい、皮脂分泌が過剰になってしまう可能性があります。

③シャンプーは手の平で泡立てる

シャンプーを頭皮に直接つけてしまうと、刺激が強すぎてしまいます。特に薄毛の人の場合、頭皮が敏感になっているので注意が必要。

まずは500円玉くらいの量のシャンプーを手の平に出し、水を加えて泡立てましょう。そして、その泡を使って髪と頭皮を洗うようにしましょう。

④頭皮や髪は優しく洗う

ようやく洗髪です♪髪の生え際から頭頂部に向かって指の腹で優しく頭皮をマッサージするように洗っていくこと。これが育毛には大切なポイントです。

シャンプーの泡が行き渡るように、まんべんなく洗うように。爪を立てて頭皮を傷つけないように気をつけましょう!

⑤最後にしっかりと洗い流す

ここが育毛対策のためのシャンプーの肝だと言っても過言ではありません。
シャンプーのヌメヌメ感が残らないように、たっぷりと時間をかけてしっかりと洗い流すようにします。

特に生え際や耳の後ろなどはシャンプーが残りやすく、薄毛の原因にもなります。残ったシャンプーは頭皮の毛穴を詰まらせてしまって薄毛を進行させてしまうことにもなるので、念入りに洗い流すことが必要。

シャンプーをする時に絶対に外せないポイント!

とにかく丁寧に優しくマッサージをするように

薄毛が進行している時の頭皮は想像以上に刺激に弱い状態になっています。あまり刺激が強すぎると毛根を痛める原因となってしまうので、シャンプーをする時には優しくマッサージをするようにしましょう。

すすぎ残しはNG

シャンプーやリンスが頭皮に残ったままだと、持続的に頭皮に刺激を与えてしまうことに。そうすると毛穴を詰まらせて頭皮環境を悪化させてしまいます。生え際は特に残りがちなので注意して洗い流すようにしてください。

いかがでしたか?今日から始めることができる育毛に効果的なシャンプー方法をマスターして、毎日継続してみてください♪これならお金をかけずにすぐにでも実践できますね。